小さなお葬式の考え方

核家族や夫婦だけという世帯が増えた現在では、大きなお葬式を行うことを望まない人達が増えてきています。宗教に対する考え方も多彩になってきており、趣味の音楽で故人を見送る音楽葬や、納骨という形を取らない海洋散骨や樹木葬もあります。また、お別れの会として仲間や近親者が集まり宴会の席を開いたり、ごく最近では、ロケットに遺骨を乗せて宇宙へ飛ぶ宇宙葬というお葬式もあります。

このように現在のお葬式への考え方は、宗教家による一般葬を行うお葬式から、自分や遺族が自由に選んで行える小さなお葬式へと変化しています。かたちなどに捕らわれず、また、宗教的なしきたりや教えを気にする事なく、送る側の負担も減る小さなお葬式の家族葬や直葬、自由葬は、現代の社会には必要な形態です。

小さなお葬式が増えてきている反面、小さなお葬式では遺族が悲しみを乗り越えられないという側面もあります。昔ながらの宗教家によるお葬式には、悲しみを乗り越えるプロセスがあり、大切な人を亡くした悲しみを通夜の席や告別式で近親者と分かち合い、そして日にちを積み重ねて行う法要が、突然の悲しみから立ち直るプロセスとなってくれますが、直送や火葬式でのお葬式には、それがありません。残された遺族の気持ちも考慮して選ぶ必要があります。

海洋散骨や樹木葬についても、お葬式から埋葬へ直結するものですし、お寺の墓地に埋葬するわけではありませんので、埋葬の法律もよく加味しなければなりません。ご遺骨を何ミリという単位で粉砕しなければ墓地以外の場所へ埋葬出来ませんので、粉砕することに抵抗を感じる場合にはおすすめできません。