お葬式の色々な形態とメリット、デメリット

現在は、核家族化が進みお葬式の姿も変わってきています。では、どのようなお葬式が行われているのでしょうか。参列するだけではわからないお葬式の内容を紹介します。

一般葬は、友人や知人へお葬式の日程を告知して、会場などを借りて執り行うお葬式です。大きなお葬式になることが多く、家族だけで行うのは困難になるので、葬儀社の手配をして進行してもらうのが一般的です。家族葬や密葬と呼ばれるお葬式は、回りには告知せず身近な近親者のみで執り行われるお葬式です。今では、家族葬や小さなお葬式が多くなっていますが、生前の付き合いの範囲が多かった故人の場合は、知らせが来なかった方との後々のトラブルになりかねません。お葬式の費用は抑えられますが、付き合いの範囲など考慮して決めるのが良いでしょう。

火葬式や直送、シンプル葬ともいわれるお葬式は、無宗教であったり地元と離れている家族が多くなっている今、注目されている形のひとつです。宗教家による儀式を行わず、遺体の安置と火葬、そして埋葬するだけのお葬式です。このようなシンプルに弔う方法は、家族が悲しむ時間が少ない事と、儀式による離別という節目が作られないために、後から遺族が後悔してしまう場合もあります。見送る側の気持ちの整理も必要になるでしょう。

他に、福祉葬や生活保護葬と呼ばれているお葬式があります。生活保護を受給してる方や身よりのない方が亡くなった時に、お葬式の費用を国が負担するお葬式です。各自治体によって違うので自治体と連絡を取り合い法律に沿って行われます。