お葬式にまつわるお金の事

お葬式に必要な金額は誰もが気になるところです。ほんの少し前までのお葬式の金額はベールに包まれているようで、はっきりとした金額が分かり難い面がありました。最近では自分の終焉を自分で決める終活といわれる活動をしている方々も多く、生前に葬儀社からお葬式の金額を明確に聞くことが出来るようになってきました。お葬式の種類も多くなってきており、何にお金をかけるか、どこに重点を置くのかというのが大切になっています。

宗教家を呼びお葬式を行う場合の費用は、葬儀社へ支払う通夜や告別式などにかかる費用の他に宗教家への御礼、お葬式に参列してくださった方々への返礼品、また納棺師の湯灌費用、会場を借りる場合は会場費などが必要となります。宗教家の人数やお葬式の規模の大きさにより費用が変わっていきます。無宗教で自由にお葬式をやりたい場合、海への散骨をする海洋散骨などでは、葬儀社へ支払う遺体搬送費、船のチャーター費などが必要となります。現在では、全ての手配や儀式を含めての金額を出している葬儀社もありますので、内容の確認をするとよいでしょう。直送や火葬式などは、儀式を望まない場合には最適です。最も費用がかからない方法と言えます。遠くの土地で改めてお葬式を行う場合などにも、この方法を知っておくだけ慌てずにすみます。

お葬式に参列する側として知っておきたいお金といえば、弔問に訪れる際に持って行く御香典があります。これは近所の人達が、お葬式に必要な米などを持って行ったのが始まりで、気持ちとはいえ金額の目安を知っておけば困ることがありません。友人知人であれば5千円から1万円が相場となっていますので、これを基準に親しさや立場を考慮して決めましょう。